健康 安全 生活

新型コロナウイルスとは

パンデミック待ったなし!?

 

連日報道されている新型コロナウイルス。怖いですよね!皆さん感染を恐れてマスクが飛ぶように売れてドラッグストアやコンビニなどではもうマスクが手に入らないなどというニュースも散見されます。メルカリではマスクが出品されまくっていてプレミアムな値段で取引されているとの事。

この新型コロナウイルスの事を皆さんはどの程度御存知ですかね。

僕は全く知らなかったので調べてみました。

その結果を書いていこうと思います。

ふぉめ
パンデミック怖いパンデミック怖いパンデミック怖いp

そもそもコロナウイルスとは?

厚生労働省のHPからの情報をもとに見ていきます。

厚生労働省HP

コロナウイルスとはどのようなウイルスですか?

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものは6種類あることが分かっています。そのうちの2つは、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。残り4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)の占めます。
詳しくは、国立感染症研究所「コロナウイルスとは」をご覧ください。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

とあります。

コロナウイルスは人に感染するものが6種類もあるんですね!

そしてその中の4種類は普通の風邪の原因の10%~15%(流行期は35%)

っていう事は知らずしらずの内にコロナウイルスの一部にはかかっていたかもしれないんですね・・・なるほど。

んで、6種類の内残りの2つはMARSSARSだったんですね。僕はてっきりコロナウイルスとSARSは違うものだと思ってましたよ。

そして今回新たにみつかった新型コロナウイルスは人に感染するものの7つ目という事になるのかな。今は新型コロナウイルス(仮)という名前であって、SARSやMARSのように今後名前が付けられるのかもしれませんね。

※もっと詳しく知りたい方は上記の『国立感染症研究所のコロナウイルスとは』のページを御覧ください。

 

新型コロナウイルスはどのように感染するのか

 

現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所
(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

エアゾル感染も?

上海市民政局の説明では、「飛沫が空気中で混ざり合ってエアロゾルを形成し、これを吸引して感染する」というもので、空気感染ではなく、飛沫感染に相当すると考えられます。国内の感染状況を見ても空気感染に特徴的な現象は確認されていません。

との事。

日本ではインフルエンザが蔓延しますよね。それと同じようにどんどん増えそうで怖い・・・・。

予防策は??

まずは、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。特に電車や職場、学校など人が集まるところで行うことが重要です。
また、持病がある方などは、上記に加えて、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

基本的に出歩かない方がよさそうですね・・・・。

まぁでもそうも行かないのが日本ですから蔓延を防ぐのはとても難しそうです・・・・。

 

今後日本において蔓延してしまったら起こること

食糧難。これに尽きるでしょう。

高確率で無くなると思いますので早めの準備をしておきましょう。

 

ふぉめ
怖すぎるよ新型コロナウイルス・・・・。

 

 

-健康, 安全, 生活

© 2021 いんふぉめ!